左の写真をクリック⇒メインHPへ

2月も中旬となりました

2月も中旬となりました。 昨日は大変暖かく凌ぎ易かったです。 このまま暖かくはならないでしょうが年寄りには寒いと辛いです。 暑さ寒さも彼岸まで、春分の日まで我慢しましょう。

twitterは井戸端会議より不可思議!?

暇潰しにTWITTERを見たら次のような会話風の記事を見つけた。どうも、原発推進派と脱原発派の会話のようだ。 TWITTERというのは井戸端会議か痴話喧嘩?~小鳥の囀りは煩くても我慢できるが、TWITTERはやかましい。 ひまわり= 人の不安…

立春から早1週間過ぎ昨日は建国記念日でした

立春過ぎて早1週間過ぎ、昨日は建国記念日でした。 寒い毎日ですが年中連休の老人は文句を言わず辛抱するだけです。 現在オンボロヨットをうかべている日生の東側の海沿いに高潮対策の護岸工事が行われています。 工事期間は3月末までだそうで、桟橋入口付…

JR 全国の駅の券売機などでクレジットカード利用できず

2020年2月10日 7時07分 全国のJRでシステム障害が起き駅にある券売機やみどりの窓口でクレジットカードが利用できない状態が続いています。JR各社などでは原因を調査するとともに復旧を急いでいます。 JR各社などによりますと10日朝からシステム障害が…

各地に「小国家」が現れ始めた

各地に「小国家」が現れ始めた 新型肺炎の感染拡大が止まらない。中国では、村人たちが自衛のために土やレンガを積み上げて、外部との交通を遮断したり、武漢からの帰還者を部屋に閉じ込めたりしている。これは、いったい何を意味しているのか。 私の答えを…

最近、電気なし、ガスなし等いう記事をみました

最近、電気なし、ガスなし、スマホなしの状況でお坊さんとの2週間マンツーマン山籠り終わりました。という記事を見ました。スマホスマホなしでは生活できないという状況を改善するためのことだそうです。スマホスマホなしでは生活できないという人は大変多…

裁判官は法律の専門家かもしれないが原子力については素人だ

広島高裁が、四国電力伊方原発3号機の運転を認めない決定をした。立法、司法、行政は三権分立のはずだが最近の日本では司法が一番偉いようだ。専門家集団である原子力規制委員会の安全性の判断は間違っているという。裁判官は法律の専門家かもしれないが原子…

ぼろ車にドライブレコーダーを取り付けました

退屈老人 最近、我がオンボロ車に1780円のドライブレコーダーを取り付けました。 大変調子良く動作しています。今後、ヨットにも取り付けてみたいです。

立春過ぎて早1週間過ぎました

立春過ぎて早1週間過ぎました。今日は建国記念日。 3連休の最終日は雪が舞って来るかと思う寒空です。 毎日が日曜の老人にとっては年中連休ですから特別思いはありません。 日生の知り合いは3連休の帆走を楽しみにしていたようですが姿がありません。 私…

衰えない肉体、寿命150歳 遠のく「死」

両手で複雑な作業をしながら、脳波を送ってロボットアーム(右)を動かす(京都府精華町) 老化を防ぐ研究が着実に進んでいる。 米ワシントン大学の今井真一郎教授らが老化を抑える働きを突き止めた長寿遺伝子。これがつくる酵素がカギを握る。誰にでもある…

地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった

巣の中でマダラヒタキを食べるシジュウカラ <渡り鳥が温暖化に適応できず、留鳥との間で不幸な争いが起きている> 地球温暖化の影響で留鳥のシジュウカラと渡り鳥のマダラヒタキが鉢合わせる機会が増え、両者の「抗争」が激化している。研究者らは過去10年…

離島奪還を想定「水陸機動団」初の日米共同訓練

陸上自衛隊と米海兵隊が鹿児島県・種子島や周辺海域で行っている共同訓練が14日、報道公開された。 今年3月末に発足した「水陸機動団」(長崎県佐世保市)が国内で初めて行う日米共同訓練。敵に占領された離島を奪還するとの想定で、日米の隊員計約230…

これから船底掃除をしなければなりません

10月中旬に入り大分涼しくなりました。 台風25号の影響も無く瀬戸内海でのんびりしています。 屋島西に係留している第三棺桶丸(SINDBAD3)と 日生に係留している第二棺桶丸(SINDBAD2)と第四棺桶丸(SINDBAD4) も無事でした…

一つ山を越えれば真実が虚実、虚実が真実

都合の悪いことは報道しない自由を振りかざすマスメディア。風評被害を拡大報道するマスメディア。それらの報道に振り回される大衆。この世に不変の真実などの数は少ない。一つ山を越えれば真実が虚実、虚実が真実。この世で最も真実らしいのは習慣だが場所…

気候変動の世界的科学者27名が韓国の文大統領に脱原子力再考を勧告

気候変動の世界的科学者27名が韓国の文大統領に脱原子力再考を勧告 2017年7月6日 脱原子力政策への転換を宣言した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、環境保護活動家や地球温暖化の世界的権威など27名の科学者が7月5日、連名で再考を促す書…

毎年のことで仕方がありませんが、夏本番となりました

夏本番となりました。毎年のことで仕方がありませんが、これから9月秋分の頃まで過ぎ去った冬の寒さが待ち遠しい日々が続きます。そんな折、我がオンボロ帆掛け舟が安心して寄港できるところを見つけました。 此処は小さな島で、コンビニはもちろんのこと売…

夏本番となりにけり

台風3号が足早に通過した後、夏本番の季節となりました。

海上浮上式原子力発電所で係留試験開始

ロシア:海上浮上式原子力発電所で係留試験開始 2016年7月5日 ©ロスエネルゴアトム社 ロシアで民生用原子力発電所の運転を管轄するロスエネルゴアトム社は7月1日、世界初の海上浮揚式原子力発電所(FNPP)として建設した「アカデミック・ロモノソフ」…

米NEI会長:「発電量と信頼性で原子力に匹敵する低炭素電源なし」

米国では近年、原子力発電所の運転実績や安全性が良好であるにも拘わらず、経済的な理由から早期閉鎖に追い込まれる発電所が複数浮上している。このような現状から、米原子力エネルギー協会(NEI)のD.ブランツ会長(=写真)は、原子力発電がもたらす…

フランスは賞味期限切れの食品の廃棄を法的に禁止した世界で最初の国になった

フランスは、スーパーマーケットに対し、賞味期限切れの食品の廃棄を法的に禁止した世界で最初の国になった。 報道によれば、フランス上院は、満場一致で、新しい法案を可決した。この法律は、直ちに効力を発した。すでに二月五日、フランスの大手スーパーマ…

ブログに縦書き記事が掲載できる!これはおもしろい!!

先日、第三棺桶丸の喫水周辺を点検したらフジツボなどが多数付着していた。春になったら除去しよう。フジツボの生命力には驚嘆する。幾ら除去しても直ぐ付着し始めるのだから。 ブログに縦書き記事が掲載できる!これはおもしろい!!

東電社長「春にも追加値下げ検討」 自由化で提携先拡大

記事投稿CGI 東電社長「春にも追加値下げ検討」 自由化で提携先拡大 2016/2/8 2:00日本経済新聞 電子版 東京電力の広瀬直己社長は日本経済新聞の取材に対し、電力小売りが全面自由化される4月以後、電気料金の値下げの追加を検討していることを明らかに…

ツイッターの使い方は難しすぎる

ツイッターの使い方は難しすぎる ツイッターの競争相手はフェイスブックだ、と言う人たちがいますが、株価を見るかぎり、全く競争になっていません。アップトレンドの赤い線はフェイスブック、そして史上最低値付近で低迷しているのがツイッターです。ユーザ…

JR西日本は四国に渡ることができなかった乗客のために「列車ホテル」を用意

JR四国は、瀬戸大橋の風速計で規制値(秒速25メートル)を超える強風を観測したため、18日午後6時10分頃から、瀬戸大橋線で運転を見合わせた。 この影響で、岡山発高松行きの快速「マリンライナー51号」(5両、乗客約160人)が約2時間、櫃石…

台湾に親日の民進党蔡英文主席が誕生して本当によかった

台湾に親日の民進党蔡英文主席が誕生して本当によかったと思います。日台関係を強化するチャンスです。戦後国連の常任理事国であった台湾は、核武装をした中国とソ連の分断をするという米国の思惑で中国を取り立てた米国の犠牲になったようなものです。親日…

屋島西付近には他にもコンビニやスーパーが多数あって老朽化帆掛け舟の生活には大変便利なところである

ヨット競技場から屋島西に浮かべている第三棺桶丸へは自転車で25分程度。玉藻公園の近くから国道157号線(通称:瀬戸大橋通り)を東に10数分走ったところに昨年暮れに、コンビに・ドコモショップ・セルフガソリンスタンドが開店した。 写真は最初のコ…

「見申、聞か申、言わ申」の穏やかな年が始まり早10日が過ぎてしまった

「見申、聞か申、言わ申」の穏やかな年が始まり早10日が過ぎてしまった新春の高松は8日以外は時々雲が広がったものの概ね穏やか日和。例年より暖かいというけれど、10度以下になる朝夕は老人にとって厳しい。それでも屋島西の浮かぶ老朽帆掛け舟での生…

やれやれ何とか今年も生き延びた;来年はどうなるかわからないが何とかなるだろう

やれやれ何とか今年も生き延びた。来年はどうなるかわからないが何とかなるだろう。高松に所有者同様老朽化した3隻の帆掛け舟を置いてから来年で10年近くになる。老い先短く、何時倒れても不思議でない身の上だが生きている以上何か暇潰ししなければなら…

中国政府は今年、福島第一原発の事故で凍結した新規の原発建設を本格化させる構え

5年で発電能力を約3倍に増やし、世界第2位のフランスに迫る計画。膨らむエネルギー需要と環境対策という課題を抱える習近平(シーチンピン)指導部は、「エネルギー生産と消費の革命」を掲げ、原発大国化に大きくカジを切ろうとしている。 中国・北京から…

【史上最大の集団訴訟】ついに始まった!朝日新聞集団訴訟記者会見

【史上最大の集団訴訟】ついに始まった!朝日新聞集団訴訟記者会見[桜H27/1/27] - YouTube 慰安婦をめぐる朝日新聞の報道により、誤った事実を国際社会に広め、日本国民の人格権や名誉を傷つけたとして、市民ら約8700人が1月26日、同社に1人当たり1…